スライドショー

よこたたかお


よこたたかお とは誰か?

1)
よこたたかおとは、よこたたかおと称されている存在のことです。
(※名前の表記について

2)
演出家。劇作家。

2002年より演劇活動を開始する。
自然主義演劇の手法に、コンタクトインプロビゼーションを取り入れた方法論によって演劇作品を製作する。


●専門分野:1850-1920ヨーロッパ演劇史(特に自然主義・象徴主義)、舞台設計(セノグラフィ)論。
●日本劇作家協会会員
●「小金井バラック」メンバー
http://baracke.blogspot.com/

(2002年のプロフィール:http://www015.upp.so-net.ne.jp/ameha/profile-takao.html

●主な作品
「mono/logue」@六本木SUPER DELUXE
「simcity/12,000,000」@アトリエ春風舎
「タイタスアンドロニカス/アフタートーク」@旧日出小学校 体育館
「ペトルーシュカ」@ZAIM401号室
「春の祭典」@アトリエ・フォンテーヌ

●プロデューサーとして
「ドラマサーキット」2006年2月開催
「小劇場第六世代」2007年8月開催

●主な受賞歴
2006年、諸活動が東京新聞TOKYO発に掲載。
同年、NHK一期一会に出演。
2007年、尼崎戯曲賞第一次審査通過


<メディア>
■2011/06/22
みんなのらじお「RDO #28」に出演
you tube
■2006/05/19
NHK教育テレビ「一期一会」に出演
■2006/05
東京新聞「TOKYO発」に掲載される

●著作一覧(ネットから閲覧できるもののみ)
-「拍手は誰に贈るのか。―ジェローム・ベルとテアター・ホラ『不自由な劇場』劇評―」、2012年、『ワンダーランド』に掲載。(http://www.wonderlands.jp/archives/21462/#more-21462
-『エミール・ゾラの自然主義演劇における背景幕の機能』、2011年、『学習院大学大学人文科学論集20』に掲載、pp. 233-255、学習院大学。(http://www.gakushuin.ac.jp/univ/let/top/publication/stu_pdf_20/012.pdf
-『たった一歩。それが永遠に遠かった。―維新派「風景画-東京・池袋」劇評―』、2011年、『ワンダーランド』に掲載。(http://www.wonderlands.jp/archives/19241/3/
-『見えないものを見えるようにする―台湾国立中正文化中心、SCOT「椿姫-何日君再来」(流行音楽悲恋花劇)劇評―』、2011年、『ワンダーランド』に掲載。(http://www.wonderlands.jp/archives/18487/