スライドショー

3-4

『なにもない空間』(ピーターブルック、訳:高橋康也、喜志哲雄)

p35
「今日のアメリカでは、メイエルホリドにあたる人物が出現すべき機が熟している。自然主義的な人生描写がもはやアメリカ人にとって、自分たちをつき動かしているものの妥当な表現とは見えなくなってきているからだ。」