スライドショー

2-1

『俳優修行』(スタニスラフスキー、山田肇訳)より

p24
「大俳優は、感情で一杯であるべきだ、殊に、彼は、自分が描いているものを感ずるべきである。彼は、情緒を、単に役を研究している間に一、二回だけではなく、それが一回目であろうと、役を演ずる度毎に、多かれ少なかれ感じなければならない」