スライドショー

3-1

『なにもない空間』(ピーターブルック、訳:高橋康也、喜志哲雄)

p1
「どこでもいい、なにもない空間――それを指して、わたしは裸の舞台と呼ぼう。ひとりの人間がこのなにもない空間を歩いて横切る、もうひとりの人間がそれを見つめる――演劇行為が成り立つためには、これだけで足りるはずだ。」